image

本年5月15日(日)、私は大阪梅田駅から京都河原町行き快速急行に乗り込みます。

01

02

03

そして大宮駅で下車、予定より早く着いたので歩いて梅小路方面へ向かいます。

04

梅小路公園内にて路面電車やブロンズ像を撮影、中でも鉄道に関するブロンズ像が多数ありました。

05

06

07

08

09

10

11

そしてバスで京都鉄道博物館へ向かいます。ちなみに京都鉄道博物館へ足を運ぶのは14度目、今年3度目です。この日、ほぼ無人状態で撮影したい目的があったので開館約40分前の9時20分に到着、しかし既に先客が数人並んでいたのには驚きました。

12

10時になり駆け足で車両工場へ、それは5月12日(木)から5月17日(火)まで特別展示されている117系を撮影するため。117系は昭和54年から昭和61年にかけて216両が新造、京阪神地区の新快速として運行され「シティライナー」の愛称が付きました。今回、トップナンバーT1編成が引退する事となり特別展示されました。まずは京都方から撮影。

13

14

15

16

17

18

続いて大阪方から撮影。運よく車内見学されていた方が方向幕を動かせてくれました。

19

20

21

22

23

24

そして車内の見通しや座席等も撮影。

25

26

27

28

29

30

ちなみにこの月の車両公開は0系新幹線35形1号車でした。

31

32

33

34

ちなみに収蔵資料展は「はじまりのポスター」でした。

35

36

企画展示室は21日(土)に向けて準備中。

37

38

そしてこの日のもう一つの目的、それは車両解説セミナー「100系!グランド歴史探訪」に参加する事。個人的にはワークショップに初めての参加です。

39

40

41

42

43

44

489系にはウメテツが乗車していました。

45

屋外へ出ます。扇形車庫にはC62形2号機とC61形2号機が展示されていました。

46

この日のSLスチーム号はC56形160号機でした。

47

グッズ付き入場券だったのでインフォメーションでキーホルダーをゲット。

48

49

その帰り、近鉄あをによし運行開始乗車券を購入し帰路に着きました。

50

※ 令和4年5月15日、京都鉄道博物館にて。

◆ 緑の南海に魅せられて - http://nankai.mynikki.jp
◆ 南海電車の資料集 - http://nankai.main.jp