イメージ 1

前回に続いて今から25年前の平成5年の「くらしの中の京阪」、今回は7月以降の下半期を御紹介しようと思います。前回同様本当なら広報誌の中身をスキャンして御紹介したいのですが著作権法律面等にうとい私、とりあえず表紙を撮影し平成5年下半期の表紙と右上に記載している詳細を整理してみました。

イメージ 2

平成5年7月号(209号)
・淀屋橋駅にエスカレーターを増設しています
・"祇園祭"と"天神祭"に臨時列車を増発します
・7月の京阪ローズクラブ
・Kカード"車両シリーズ・第11回"を発売

平成5年8月号(210号)
・"より安全に、より快適に"をテーマに、今年度も諸工事を進めます
・"大文字・五山送り火"と沿線の"花火大会"に臨時列車を増発します

イメージ 3

平成5年9月号(211号)
・8000系特急10編成70両が勢ぞろい
・西三荘・古川橋両駅の待合室が涼しくなりました
・身体の不自由な方に優しい駅を目指します
・ひらかた大菊人形「炎立つ」9月21日(火)から開催

平成5年10月号(212号)
・寝屋川市駅下り(大阪方面ゆき)仮駅舎の使用を開始
・枚方市駅の中央改札口を改良しました
・急行列車が淀駅に臨時停車します
・Kカード「車両シリーズ・第12回」を発売

イメージ 4

平成5年11月号(213号)
・淀屋橋駅の改良工事を進めています
・快適にご乗車いただくために
・600形車両を改造しています
・94京阪電車カレンダーを11月上旬から発売します

平成5年12月号(214号)
・東福寺駅の改良工事を進めています
・連続35期「責任事故皆無」の表彰を受けました
・便利でお得な「初詣乗車券」を発売中

この企画の本当の目的、それは今から25年前の最新ニュースを御紹介できる点。例えば9月号に第10編成が営業運転し全10編成が勢ぞろいしたとあります。平成元年にデビューした8000系、わずか4年間で10編成が新造された事が解ります。

◆緑の南海に魅せられて - http://blogs.yahoo.co.jp/greennankai
◆南海電車の資料集 - http://www.geocities.jp/greennankai/