image2

ちょうど1年前の令和4年8月27日(土)に訪問した京都鉄道博物館、一番の目的は同年8月20日(土)から28日(日)まで特別展示されている「JR貨物の電気機関車とコンテナ貨車の特別展示」を撮影するため。EF65形式2085号機直流電気機関車とEF66形式27号機直流電気機関車が特別展示されました。6日前の8月21日(日)にも足を運んだのですがあまりの人の多さに満足できずリベンジを兼ねてこの日、足を運びました。続いてEF66形電気機関車、EF66形は昭和41年に試作されたEF90形電気機関車の量産車として国鉄が昭和43年から昭和49年までに55両、JR貨物が平成元年から平成3年までに33両を新造。昭和44年、ブルーリボン賞を受賞、機関車でブルーリボン賞を受賞したのはEF66形のみである。27号機は「ニーナ」の愛称で親しまれていましたが昨年3月のダイヤ改正で定期運用から引退しました。まずは京都方から正面を撮影。

33

34

35

36

37

38

39

そして編成や側面のパーツ等を撮影。

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

斜めからですが台車も撮影。

54

55

56

コンテナ貨車としてコキ107形式も撮影。

57

58

59

60

61

62

※ 令和4年8月27日、京都鉄道博物館にて。

◆ 緑の南海に魅せられて - http://nankai.mynikki.jp
◆ 南海電車の資料集 - http://nankai.main.jp