image2

前回に続いて今から25年前の平成7年の「くらしの中の京阪」、今回は7月以降の下半期を御紹介しようと思います。前回同様本当なら広報誌の中身をスキャンして御紹介したいのですが著作権法律面等にうとい私、とりあえず表紙を撮影し平成7年下半期の表紙と右上に記載している詳細を整理してみました。

04

平成7年7月号(233号)
・9月1日(金)から旅客運賃を改定させていただきます
・京阪線のダイヤ改正を6月19日(月)から実施したしました
・祇園祭と天神祭に臨時列車を運転します

平成7年8月号(234号)
・平成7年度は、輸送力増強等工事に176億円を投資します
・「大文字五山送り火」と沿線の「花火大会」に臨時列車を運転します
・K CARD「車両シリーズ・第16回」を発売中

05

平成7年9月号(235号)
・自動改札機とのりこし精算機の増設を進めています
・9月1日(金)から新運賃で営業しております
・ひらかた大菊人形「八代将軍 吉宗」9月21日(木)から

平成7年10月号(236号)
・11月1日(水)から回数券カードを自動改札機に直接投入できます
・鉄道の日協賛写真展「鉄道写真家が撮った京阪電車」を開催します
・「時代祭」へは京阪電車で

06

平成7年11月号(237号)
・回数券カードを自動改札機に直接投入できます
・「連続39期責任事故皆無」の表彰を受けました
・1996年版京阪カレンダーを発売します

平成7年12月号(238号)
・丹波橋駅に通りぬけエレベーターを設置しました
・樟葉駅のトイレをリニューアルしました
・便利でお得な「初詣乗車券」を発売中


この企画の本当の目的、それは今から25年前の最新ニュースを御紹介できる点。例えば2月号で7200系デビューの記事が掲載されています。また10月号にはひらかた大菊人形の案内が掲載されています。今では「ひらパー」と名乗り大菊人形も既に過去のモノとなりましたが当時は毎年大菊人形が開催されていた記憶が蘇ってきました。

◆ 緑の南海に魅せられて - http://nankai.mynikki.jp
◆ 南海電車の資料集 - http://nankai.main.jp